高校数学マスマスター

学校や塾では教えてくれない、元塾講師の思考回路の公開

解法

【東大の入試問題を解説!】2019年度入試 東京大学 前期日程 数学(理科) 第1問

東大の入試問題を解説


2019年度東大入試第1問目を扱います。
それでは問題を見てみましょう。

2019年度入試 東京大学 前期日程 数学(理科) 第1問

マスマスターの思考回路

とりあえず展開してみましょう。

    \begin{eqnarray*} \int_0^1 x^2 + \cfrac{x^3}{(1+x^2)^{\frac{3}{2}}} + \cfrac{x}{\sqrt{1+x^2}} + \cfrac{x^2}{(1+x^2)^2} ~dx \\\\ \end{eqnarray*}

マスマスターの思考回路

各項ごとに積分を行っていきます。

    \begin{eqnarray*} \int_0^1 x^2 ~dx &=& \left[ \cfrac{x^3}{3} \right]_0^1 \\\\ &=& \cfrac{1}{3} \end{eqnarray*}

部分積分を利用して計算を行います。

    \begin{eqnarray*} \int_0^1 \cfrac{x^3}{(1+x^2)^{\frac{3}{2}}} ~dx &=& \int_0^1 x^3\{(1+x^2)^{-\frac{1}{2}} \}' \left(\cfrac{1}{-\frac{1}{2}} \right) \left( \cfrac{1}{2x} \right) ~dx \\\\ &=& -\int_0^1 x^2 \{(1+x^2)^{-\frac{1}{2}} \}' ~dx \\\\ &=& -\left[ [x^2(1+x^2)^{-\frac{1}{2}}]_0^1 -\int_0^1 2x(1+x^2)^{-\frac{1}{2} } ~dx \right]\\\\ &=& -[1 \cdot (2)^{-\frac{1}{2}}  - 0] + 2\int_0^1 x(1+x^2)^{-\frac{1}{2}} ~dx \\\\ &=& -\cfrac{1}{\sqrt{2}} + 2\int_0^1 x\{(1+x^2)^{\frac{1}{2}}\}' \left( \cfrac{1}{\frac{1}{2}} \right) \left( \cfrac{1}{2x} \right) ~dx \\\\ &=& -\cfrac{\sqrt{2}}{2} + 2\int_0^1 \{(1+x^2)^{\frac{1}{2}}\}' ~dx \\\\ &=& -\cfrac{\sqrt{2}}{2} + 2 \left[ (1+x^2)^{\frac{1}{2}} \right]_0^1 \\\\ &=& -\cfrac{\sqrt{2}}{2} + 2 (\sqrt{2}-1) \\\\ &=& -\cfrac{\sqrt{2}}{2} + 2\sqrt{2}-2 \\\\ &=& \cfrac{3\sqrt{2}}{2} -2 \\\\ \end{eqnarray*}

    \begin{eqnarray*} \int_0^1 \cfrac{x}{\sqrt{1+x^2}} ~dx &=& \int_0^1 x \{ (1+x^2)^{\frac{1}{2}} \}' (2) \left(\cfrac{1}{2x} \right) ~dx \\\\ &=& \int_0^1 \{ (1+x^2)^{\frac{1}{2}} \}' ~dx \\\\ &=& \left[ (1+x^2)^{\frac{1}{2}} \right]_0^1 \\\\ &=& \sqrt{2} - 1 \\\\ \end{eqnarray*}

ここで 置換積分により、x=\tan \theta とおくと、x ~:~ 0 \to 1 のとき \theta ~:~ 0 \to \cfrac{\pi}{4} また \cfrac{dx}{d\theta} = \cfrac{1}{\cos^2 \theta} なので、

    \begin{eqnarray*} \int_0^1 \cfrac{x^2}{ (1+x^2)^2 } ~dx &=& \int_0^{\frac{\pi}{4}} \cfrac{\tan^2 \theta}{ (1+\tan^2 \theta)^2 } ~\cfrac{1}{\cos^2 \theta} ~d\theta \\\\ &=& \int_0^{\frac{\pi}{4}} \cfrac{\tan^2 \theta}{ (\cfrac{1}{\cos^2 \theta})^2 } ~\cfrac{1}{\cos^2 \theta} ~d\theta \\\\ &=& \int_0^{\frac{\pi}{4}}  \cfrac{\cos^4 \theta \tan^2 \theta}{\cos^2 \theta} ~d\theta \\\\ &=& \int_0^{\frac{\pi}{4}}  \cos^2 \theta \cfrac{\sin^2 \theta}{\cos^2 \theta} ~d\theta \\\\ &=& \int_0^{\frac{\pi}{4}}  \sin^2 \theta ~d\theta \\\\ \end{eqnarray*}

マスマスターの思考回路

三角関数の二乗の積分は、半角の公式を用いて行いましょう。

ここで半角の公式により、

    \begin{eqnarray*} \int_0^{\frac{\pi}{4}}  \sin^2 \theta ~d\theta &=& \int_0^{\frac{\pi}{4}}  \cfrac{1-\cos 2\theta}{2} ~d\theta \\\\ &=& \cfrac{1}{2} \left[ \theta - \cfrac{\sin 2\theta}{2} \right]_0^{\frac{\pi}{4}} \\\\ &=& \cfrac{1}{2} \left[ (\cfrac{\pi}{4} - \cfrac{1}{2}) - 0 \right] \\\\ &=& \cfrac{\pi}{8} - \cfrac{1}{4} \\\\ \end{eqnarray*}

以上により、問題文の定積分の値は

    \begin{eqnarray*} && \cfrac{1}{3} + \cfrac{3\sqrt{2}}{2} -2 + \sqrt{2} - 1 + \cfrac{\pi}{8} - \cfrac{1}{4} \\\\ &=& \cfrac{5\sqrt{2}}{2} + \cfrac{4-3}{12} -3 + \cfrac{\pi}{8} \\\\ &=& \cfrac{5\sqrt{2}}{2} + \cfrac{1-36}{12} + \cfrac{\pi}{8} \\\\ &=& \cfrac{5\sqrt{2}}{2} - \cfrac{35}{12} + \cfrac{\pi}{8} \\\\ \end{eqnarray*}

となります。

twitter はじめました!

中学生・高校生の方向けに、数学に関する相談、質問を受け付けています。
長期休暇中の課題について、数学の勉強方法についてなど、出来る範囲でお答えします。

ご応募いただいた内容はwebサイトの記事にする可能性がありますのでご了承ください。

-解法
-